ミャンマーの人々を応援する有志の会


私たちは日本人と在日ミャンマー人有志です。メディアからは届かない、ミャンマー市民からの声なき声を伝え、日本からできることを考え行動します。

 

まずは署名にご協力ください。

>>市民との連帯を求める(2021.9.16終了)

>>民主政府NUG承認を求める(2021.8.27開始)

最新情報 News!

2021.07.08 コラムVol. 3 軍政下の暮らし

研究者や実務者からの寄稿シリーズ。15年以上、ミャンマーの写真を撮り続けている亀山さんが、民政移管前の人々の日常について綴ってくれました >> コラム Vol. 3


2021.06.12 コラムVol. 2 ミャンマーとの縁は思わぬところから

研究者や実務者からの寄稿シリーズ。配信のお手伝いをしてくださっている小林渡さんが、心あたたまるチン州ミンダッでの触れ合いと思いを綴っています >> コラム Vol. 2


2021.06.07 6/6(日)セミナーの動画を公開しました

民主派が立ち上げた国民統一政府(NUG)から国際協力大臣と教育副大臣を迎えてオンライン勉強会を行いました。

 >> 詳しくはこちら


2021.06.01 緊急共同声明「ミャンマーの人びとに寄りそう」を公開-坂本龍一さん、瀬戸内寂聴さん、いとうせいこうさんら60名超が賛同

当会ウェブサイトに緊急共同声明本文を公開しています。 >>文化人らの緊急共同声明


2021.05.18 国軍がチン州のミンダッの街を空爆と重火器で制圧。市民を拘束して人間の盾に…。市民は山中へ避難

ミンダッの街で今、何が起こっているのか。米国際メディアVOAのインタビューの日本語訳全文がミャンマーメモランダムに掲載されました。「チン国民防衛隊というのは、小さな町を守るために作られた小さなグループだ。私たちは、きちんとした武器を装備しているわけではない。それなのに、あんな風に過剰な攻撃をするとは…」 >>現地からの声


2021.04.30 プレスリリース “「ミャンマー情勢に関する提言」への懸念と反証ステートメント”をミャンマー・平和構築の研究者らが発表

元国連高官らにより外務省へ提出された提言は、事実と異なる認識が前提にあると指摘するステートメントが発表されました。>>ニュースリリース



2021.04.04 4/2(金)緊急院内集会で署名を一次提出しました

当会に寄せられた署名5,007筆を、外務省の方、そしてミャンマーの民主化を支援する議員連盟の会長中川正春議員、事務局長石橋みちひろ議員、顧問の福島みずほ議員に手渡しました。>>お知らせ・活動レポート


2021.03.26 ミャンマーのCDMが2022年のノーベル平和賞にノミネート

今回のノミネートは、市民的不服従運動(CDM)が非暴力の手段で平和と民主主義のために活動していることが評価されたとノルウェー放送協会が伝えました。>>世界のニュース